loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

タグ: 囲碁棋士

7月1日で永代塾囲碁サロンも丸4年を迎えます。

毎年恒例のことですが、4周年記念イベントをやりたいと思います。

望月研一プロをゲストに指導碁会を行います。
そして、大盤イベントでは「望月プロVS温起くん」公開対局を行います。温起くんは3月の渡辺和代キッズカップの優勝者です。未就学児のみの大会ですが、当時ですでに四段くらいあったと思われます。あれから4ヶ月でさらに強くなっているかもしれません。楽しみですね。

詳細

日にち: 7月7日(

時間 : 13時~17時半

場所 : 永代塾囲碁サロン(武蔵小杉)

ゲスト棋士: 望月研一プロ

望月研一プロ

インストラクター: 永代和盛 他未定

内容 :

13時~14時半 多面指導碁①

14時半~16時 多面指導碁②

16時~17時半 大盤イベント(望月プロVS温起くん)

入場料: 会員/1,080円 ビジター/2,160円

指導料:(入場料別)

棋士/4,320円  インストラクター/2,160円

2019年5月1日

知念かおりプロ 大盤講義編

By igosalon

「AI流簡単対処法」

 

大盤講義前にパシャリ。

いつも笑顔の知念プロです。

知念プロも今年になって、ようやく公式戦でのダイレクト三々デビューをしたようです。研究会でかなり試してようやく実戦レベルで使いこなせるようになったということでしょう。最近のダイレクト三々は大ナダレ定石と同じくらいに難解定石となっています。難解定石には相当な研究が必要ですからね。今回はその内容も少しご紹介いただきました。

講座の内容(精神面)

とにかくプロレベルの評価を気にしないことを念頭に置くところから始まります。プロの良し悪しは数字にすると1目がどうのというレベルです。アマの私たちにとっては大した問題ではありません。

例えばで極端な例を出しますが

1目お得だけど、一歩間違えば30目損する。

1目損だけど、しっかりとしている形なので、今後は間違える余地はない。

プロだったら絶対に間違えないでしょうからを選ぶと思います。しかし、私はを選ぶ自信がありませんし、アマの皆さまには是非ともをお勧めいたします。やはり勝率はのほうが高いですし、精神衛生上にも良いと思います。

極端な例とはなりましたが、私はプロの最善とアマの最善は違うと思っています。勝つためには棋力に合った作戦を取るべきです。少しずつステップアップしていって順序良く覚えていくことをお勧めします。基礎ができていない状況で応用は利かないからです。

講座の内容(技術面)

そして、上記の精神面を念頭に置いたうえでの対応はとにかくダイレクト三々には相手をしないことです。ダイレクト三々の目的は、最初にある星の根拠を奪って攻めるということが視野に入っています。この目的さえ達成されなければ大ダメージを受けることはありません。多少の損をしてでも回避するべきです。とにかく星の石から動いて、ヒラキなどに回るように尽力するという対策法でした。

知念先生も衝撃を受けたという手を紹介してくれたりと、聴き応えのある内容になっていたと思います。一緒に講義をしていてとっても楽しかったですよ。

指導碁編につづく

2019年4月13日

GWイベントのゲスト棋士

By igosalon

下記のGWイベントのゲスト棋士が決まりました。

「AI流の簡単対処法」←クリック

ゲスト棋士は知念かおりプロ

12月以来の登場ですね。
優しい性格がにじみ出る口調が人気の秘訣だと思っています。

優しいですが、指導碁は厳しいかもしれません。
みなさま、講義のあとに指導碁はいかがですか?

私(永代)も指導碁を受け付けています。
知念さんの厳しい指導のあとに私で癒されて(?)帰りましょう(笑)

鶴山淳志プロの指導碁風景

 

4面埋まっています。
遠めから撮りました。

イケメン棋士なので、もう少しアップ気味に撮ってみました。
うーん、イケメン(笑)

指導内容

 

鶴山プロの着手は比較的早いほうかと思います。四面打ちでもテンポ良く打ってますね。

終局したあとは一局ずつ、丁寧に並べ直しをしてくれました。テンポ良く打ってくれると並べ直しの時間が取れるのがいいですね。

検討を聞いていると、分かりやすく的確なアドバイスでした。お話も上手ですね。

是非、また来ていただきたいですね!

二度目の登場

鶴山プロは永代塾囲碁サロンでの指導碁会は二回目です。

ブログを遡ってみると、前回は2017年6月だったようです。

鶴山淳志プロの指導碁会 2017.06

鶴山淳志プロのトークショー&妹さん 2017.06

その際は妹の鶴山亜弓インストラクターも一緒に来てくれました。

鶴山プロとは

趙治勲プロの内弟子でしたので院生時代にはプライベートではほとんど交流はありませんでしたが、院生研修のときには優しいお兄さんという感じでお話しさせてもらっていました。

昔からイケメンで女性にモテていましたね(笑)

性格も優しい人で、特に厳しいことを言われた記憶もないです。たまにちょっとしたイタズラをするようなお茶目な先輩だったような気がします(笑)

入段後も気さくな感じの方なので、お会いする度に楽しくお話をさせていただいていました。それで、思い切って指導碁の話をしたら快く受けていただいたのです。

九州男児仲間

鶴山プロは熊本出身なので九州男児です。
私も長崎なので、同じ九州男児仲間となります。
現代においては、女性には九州男児というと厄介者扱いされそうなものですが、鶴山プロが九州男児の格を上げてくれるので心配ありません(笑)

九州男児もいいものですよ。

星合志保二段

久しぶりに来てもらいました!

四月からNHK杯囲碁トーナメントの司会をすることが決まっています。

忙しくなる前に来てもらえて良かったです!といっても、オファーを日程が合わずに三度ほど断られているので、もうすでに忙しいのですけどね…(笑)

指導碁風景

満席からのスタートです。人気ぶりがさすがです。

そして、さらに後半の指導碁も満席となりました…。すごい(@_@)

全部、埋まったことはどれくらいぶりだろうか…。(遠い目)

さらに、NHK杯で名前がどんどんと売れていったら、手が付けられないような人気になってしまいそうですね!

そうなっても永代囲碁塾を見捨てないでくださいねー!(笑)

指導碁の内容と棋風

Hさん「星合さんは優しかったよ。何より打つ手付きが綺麗だったね。」

永代「優しかった!?」

他の方「優しかったですよ」

永代「あれれ?豪腕で知られる星合さんが!?

星合プロ「そんなことないですよー。でも今日は全勝してしまいました。」

永代(それは優しいのか…?)

と、心の中でのツッコミは置いておき「星合プロは優しい」が全会一致(永代を除く)で決定いたしました。

星合プロからのお知らせ

4月7日に女流棋士三人が主催する「女子お茶会」が行われます。まだ参加者を募集しているそうなので、ご興味がある方は案内の中の連絡先でも、永代でもいいのでご連絡ください。

男性の皆さまは残念ながら参加はできませんが、女子会イベントがあるよと、女子の皆さまにお知らせいただけると嬉しいです。皆んなで星合プロを応援しましょう!

【参加女流棋士】

・星合志保二段

・木部夏生二段

・金子真季二段

日時: 3月31日()13時~17時半

場所: 永代塾囲碁サロン

指導棋士: 鶴山淳志 七段

料金: 会員/5,400円 ビジター/6,480円 (利用料込)

スケジュール

13:00~14:30 多面打ち指導碁①(最高4面)

14:30~16:00 多面打ち指導碁②(最高4面)

16:30~17:30 本日の一局(ハイレベル大盤解説)

2019年2月20日

仲邑菫新初段 VS 黒嘉嘉プロ

By igosalon

黒嘉嘉七段と仲邑菫新初段の記念対局 ←(日本棋院HP)


新初段シリーズ(週間碁)

週間碁では新初段になったお披露目イベントとして新初段シリーズと題して、お披露目イベントを行います。だいたいが新初段の初仕事となります。

今回は特別にSENKO CUP ワールド碁女流最強戦2019に出場するために来日した、台湾の黒嘉嘉七段との対局です。

綺麗な容姿に惑わされてはいけません。
囲碁の実力も台湾の女流ではもちろん断トツのトップですし、男性と混ざっても一流の腕前です。
日本でいうと、謝依旻プロと同等か実績でいうとそれ以上かもしれません。(前回のSENKO杯では準優勝)

そんな一流の棋士が相手にしてもらえるというのは素晴らしい経験を積めると思います。

碁の内容

リップサービスを抜きにして、まず分かることは・・・。

私(永代)よりは強い!(笑)
あ、すみません。
これはもう言わなくても皆さん気付いている頃合いですよね。
黒嘉嘉プロを相手に堂々と戦っていました。
むしろ、序盤の戦いは押していたのではないでしょうか。

内容の感想

勝手につぶやきます。
永代個人の見解なので、合っているかは分かりません。
参考にするかは自己責任でお願いします(笑)

黒77の時点は互先でも黒持ちです。

左上の定石は少し黒が甘いと思います。そのあたりから流れが悪くなってきました。

しかし、思い切って右辺のフリカワリを見せてからの黒125。井山さんとの対局でも、大局観をキラリと光らせる一手を打っていましたが、125もその類のものです。
心にドスンとくるような一手です。
このドスンが伝わるかな~~~(笑)

しかし、個人的な意見としては、続いての黒127が疑問です。引き続き、125の意思を継続して左側(122の二路左)から攻めていくのではないかなと。

その理由は白130からの仕掛けが厳しかったからです。もちろん、130に打たれてまずいなーと思ったので、前述の疑問というところが浮かび上がってくるのです。

相手に打たれる前に気付くのと、打たれてから気付くのでは大違いです。ちょっとこのあたりでは定先でも流れが悪いです。

最後のトドメは155と157で中央の中地を囲いにいったこと。生徒さんにもよく指導しますが、中地は価値が小さいです。これではっきりと負けが確定したと思います。

それでも、序盤から中盤にかけての迫力は本物です。
一流棋士にも引けを取っていません。
皆さん、安心してください。
プロの手合いがスタートしても菫ちゃんは勝っていきます。

初年度で10勝はお約束します。

皆さんもこの碁を並べていただいて、迫力を感じてください。

うん?並べてもよく分からない?

そういうときは永代塾に来ていただいて講義を受けてくださいね(笑)
2019年2月14日

棋聖戦第4局 封じ手予想

By igosalon

黒 井山裕太 棋聖

白 山下敬吾 九段

 

一日目終了時の局面です。

△と打ったところで打ち掛け、封じ手となりました。

棋聖戦4封じ手

 

久しぶりに封じ手予想をします。↓

棋聖戦4封じ手2

↑↑ 黒1の出る手を予想します。

白2の切りには捨てても打てそうです。

 

棋聖戦4封じ手3

↑↑ こちらの白2であれば、黒5までと戦います。

よく分からないけど、黒もやれそう。

ただ、私の予想が当たるようではトップ棋士ではいられないと思うので、違う展開になると予想します(笑)

2019年2月7日

棋聖戦第三局

By igosalon

井山裕太五冠VS山下敬吾九段

棋聖戦の第三局は永代塾囲碁サロンの首藤瞬プロの指導碁会で、お客様と一緒に見ていました。

山下九段がすごいところから仕掛けていったなー、裂かれ形などなんのそのみたいな(笑)

上辺の白が無条件で生きれないあたりは、井山五冠が形勢悪しと思っていたのですが、最後にはきっちりと井山五冠が勝っているではないですか!

逆転したのか、それとも私の判断が元々まずかったのか。

詳細はよく分かりませんが、なかったことにしましょう。

七大棋戦は2日目があり、封じ手があります。久しぶりに封じ手予想をやってみようかな。(覚えてたら)

簡単な場面になりますように…。

【追記】

井山さんが対局してるのを見て、今日から棋聖戦と思ったけど、棋聖戦は来週ではありませんか…。今日は名人戦ですね。井山さん→タイトル戦しかいない→今やってるのは棋聖戦という勝手な思考が働きました(笑)