loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

タグ: 囲碁棋士

自分が院生に入った頃(1995年)の院生のシステムを後生かします。実力至上主義の昇降級式のリーグ戦です。

永代和盛の囲碁人生 Vol.32(院生のシステム)

↑↑クリック

日時:3月20日(金・祝)13時~17時半

場所:永代塾囲碁サロン

ゲスト棋士:首藤瞬 八段

インストラクター:永代和盛イン

利用料:会員/1,100円 ビジター/2,200円

指導料:棋士/4,400円 イン/2,200円

スケジュール

13:00~14:00 昇段譜・大盤解説会

14:30〜16:00 多面打ち①(首藤・永代)

16:00〜17:30 多面打ち②(首藤・永代)

18時頃〜 お祝い懇親会(サロン外)

※指導碁は予約優先・定員は各8人

※懇親会のお店は未定

女流棋士VS永代和盛で行われる炎の十番勝負の第4局です。

第一局 大須賀聖良プロVS永代イン 永代の勝ち

第二局 五藤眞奈プロ VS永代イン 永代の勝ち

第三局 飛田早紀プロ VS永代イン 永代の負け

【第四局目の公開対局】

『茂呂有紗プロVS永代和盛』


皆さまのお越しをお待ちしております。(公開対局のあとは指導碁会があります)

 

【時間13時~17時半

【場所永代塾囲碁サロン

【指導棋士】

茂呂有紗 初段

【インストラクター】永代和盛イン、宇佐美太郎イン

【料金

参加費:会員/1,100円 ビジター/2,200円

指導料:棋士/4,400円 イン/2,200円

【スケジュール】

①13:00~14:30 公開対局・大盤解説会

【茂呂有紗プロVS 永代和盛イン】

大盤解説:宇佐美イン、鈴木千晴

②14:30~16:00 多面打ち

(茂呂プロ、永代イン)

③16:00~17:30 多面打ち

(茂呂プロ、永代イン)

④18:00~ サロン外で懇親会(費用別)※未定

女流棋士VS永代和盛で行われる炎の十番勝負の第3局です。

第一局 大須賀聖良プロVS永代イン 永代の勝ち

第二局 五藤眞奈プロ VS永代イン 永代の勝ち

【第三局目の公開対局】

『飛田早紀プロVS永代和盛』

解説は首藤瞬プロです。
首藤プロのユニークで分かりやすい解説をお楽しみください。
皆さまのお越しをお待ちしております。(公開対局のあとは指導碁会があります)

【日時】3月1日()13時~17時半

【場所永代塾囲碁サロン

【指導棋士】

飛田早紀

首藤瞬 七段

【インストラクター】永代和盛イン

【料金

参加費:会員/1,100円 ビジター/2,200円

指導料:棋士/4,400円 イン/2,200円

【スケジュール】

①13:00~14:30 公開対局・大盤解説会

【飛田早紀プロ VS 永代和盛イン】

大盤解説:首藤瞬プロ

②14:30~16:00 多面打ち

(飛田プロ、首藤プロ、永代イン)

③16:00~17:30 多面打ち

(飛田プロ、首藤プロ、永代イン)

2020年2月9日

炎の十番勝負とは

By igosalon

永代囲碁塾・炎の十番勝負

女流棋士VS永代和盛で10回戦うという企画です。

一ヶ月に一回ペースでやろうかと思っています。

先日、大須賀聖良プロと入段祝い碁会として公開対局を行いました。そこで運良く勝ってしまったので調子に乗って、引き続きやっていこうと考えたのです。ここで負けていたら十番勝負をやろうとは考えていなかったかもしれません(笑)

そのときに将棋の藤井聡太さんがプロ入りしたくらいにアベ◯TVで企画された、炎の十番勝負というのがあったなぁと思い出しました。それを真似すればいっかという感じで安易に「永代囲碁塾・炎の十番勝負」を作ったのです。

しかし、実際に調べてみると藤井さんは「炎の七番勝負」でしたね…。

さすがの記憶力の悪さです(笑)

永代の目標

折角、企画したのですから何か「流れや目的」があったほうが見ている側としては盛り上がりやすいというアドバイスをいただいたので、ここで発表します!!

じゃかじゃかじゃかじゃか…。

目標は「5勝5敗」!

永代の秘策

かなり調子に乗ってる目標設定ですが、多少なりとも根拠はあります。多分、実力的にいったら、永代が負け越すのは当然だと思います。最近は女流でもマジで強いですから。

しかし、秘策があります。

それは…。

持ち時間、40分切れ負け!

いわゆるアマチュアルールですね。

院生やプロの手合いでは必ず秒読みがついています。それならどんなに時間を使っても一手10秒で安定的に打てればほとんど負けないのです。

しかーし、切れ負け碁に慣れてないプロはどうなるか。可哀想ですが、第1局目の大須賀聖良プロは切れ負け碁に順応できていなかったように思えます。

大盤解説をしていた首藤瞬プロは「切れ負けはプロにとってみたら違うゲームですよ。私なら勝負を受けたくないです」

そこで永代は「多分、サッカーとフットサルくらいに違いますよね」と自分の中では秀逸な返しをしたと自負しています(笑)

永代のほうが実力的に劣っていてもアマチュアルールに慣れているので、五分の成績を残せるのではないかと考えている理由です。

最後に

しかし、その道の現役プロを相手にしたらこれくらいのハンデがないと逆に盛り上がらないと思ってます。

棋士の皆様、お付き合いくださいませ。

そして、永代を鍛えてくださいませ。

↑↑ うん??

第2局は2/16(日)に五藤眞奈プロをお呼びしてます。↓↓

炎の十番勝負第二局

五藤眞奈プロ・公開対局&指導碁会

久しぶりの更新です。
今回は小林泉美プロです。
張栩プロも少しだけ。

 

クリック↓↓

永代和盛の囲碁人生 Vol.27
(中学一年・3学期、仁風会編2)

永代主催で年末最後のイベントでした。

円田秀樹プロをお迎えして、指導碁会&忘年会(という名のただの飲み会)でした(笑)

指導碁を受けた方「円田先生は囲碁フォーカスの雰囲気そのままの方でした」

とあるように、柔らかい語り口調で明快に指導してくれました。

稲葉かりんプロを永代塾囲碁サロンに呼んでおいて、円田プロをお呼びしないわけにはいかないですよね・・・(笑)

無事に責務を果たせて良かったです(笑)

忘年会

忘年会では、円田プロに色々とお話を伺いました。

関西総本部に所属の棋士について色々と教えてくれました。やはり、一番の話題は仲邑菫プロの親子ですね。

研究会で親子対決したときの様子や、お父さんの仲邑信也プロのことなど。

そして、円田プロは何歳からヒゲを生やしていたか(笑)

色々と面白い時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました!!

2019年12月22日

IGOAMIGOクリスマスパーティー

By igosalon

IGOAMIGOって?

20代や30代を中心に活動している囲碁サークルのようなものです。もうかれこれ10年以上のお付き合いです。詳しくはこちら↓

IGOAMIGOのホームページ

毎年恒例のクリスマスパーティー

普段の活動にはなかなか顔を出せていませんが、クリスマスパーティーには顔を出すようにしています。一年に一回の顔見せのような感じで(笑)

このクリスマスパーティーではスタッフの皆様が参加者を楽しませるべく、毎年色んな企画をしてくれます。

今回は利きポテチだったり、連想ゲームだったり。とても楽しい会です。

美人すぎる女流棋士

今回のゲストは昼のワークショップも含めて「兆乾プロ」でした。

兆プロは美人すぎる女流棋士(!)という紹介をされていますが…。うん。間違いない。

さらに話してみると、ほんわかとした口調で品もある感じ。性格のほうはあくまで永代個人の予想ですが、ほんわかとした天然な感じと見た!(笑)

永代塾囲碁サロンに来てくれないかなー。

7月1日で永代塾囲碁サロンも丸4年を迎えます。

毎年恒例のことですが、4周年記念イベントをやりたいと思います。

望月研一プロをゲストに指導碁会を行います。
そして、大盤イベントでは「望月プロVS温起くん」公開対局を行います。温起くんは3月の渡辺和代キッズカップの優勝者です。未就学児のみの大会ですが、当時ですでに四段くらいあったと思われます。あれから4ヶ月でさらに強くなっているかもしれません。楽しみですね。

詳細

日にち: 7月7日(

時間 : 13時~17時半

場所 : 永代塾囲碁サロン(武蔵小杉)

ゲスト棋士: 望月研一プロ

望月研一プロ

インストラクター: 永代和盛・小田彩子

内容 :

13時~14時半 多面指導碁①

14時半~16時 多面指導碁②

16時~17時半 大盤イベント(望月プロVS温起くん)

入場料: 会員/1,080円 ビジター/2,160円

指導料:(入場料別)

棋士/4,320円  インストラクター/2,160円

2019年5月1日

知念かおりプロ 大盤講義編

By igosalon

「AI流簡単対処法」

 

大盤講義前にパシャリ。

いつも笑顔の知念プロです。

知念プロも今年になって、ようやく公式戦でのダイレクト三々デビューをしたようです。研究会でかなり試してようやく実戦レベルで使いこなせるようになったということでしょう。最近のダイレクト三々は大ナダレ定石と同じくらいに難解定石となっています。難解定石には相当な研究が必要ですからね。今回はその内容も少しご紹介いただきました。

講座の内容(精神面)

とにかくプロレベルの評価を気にしないことを念頭に置くところから始まります。プロの良し悪しは数字にすると1目がどうのというレベルです。アマの私たちにとっては大した問題ではありません。

例えばで極端な例を出しますが

1目お得だけど、一歩間違えば30目損する。

1目損だけど、しっかりとしている形なので、今後は間違える余地はない。

プロだったら絶対に間違えないでしょうからを選ぶと思います。しかし、私はを選ぶ自信がありませんし、アマの皆さまには是非ともをお勧めいたします。やはり勝率はのほうが高いですし、精神衛生上にも良いと思います。

極端な例とはなりましたが、私はプロの最善とアマの最善は違うと思っています。勝つためには棋力に合った作戦を取るべきです。少しずつステップアップしていって順序良く覚えていくことをお勧めします。基礎ができていない状況で応用は利かないからです。

講座の内容(技術面)

そして、上記の精神面を念頭に置いたうえでの対応はとにかくダイレクト三々には相手をしないことです。ダイレクト三々の目的は、最初にある星の根拠を奪って攻めるということが視野に入っています。この目的さえ達成されなければ大ダメージを受けることはありません。多少の損をしてでも回避するべきです。とにかく星の石から動いて、ヒラキなどに回るように尽力するという対策法でした。

知念先生も衝撃を受けたという手を紹介してくれたりと、聴き応えのある内容になっていたと思います。一緒に講義をしていてとっても楽しかったですよ。

指導碁編につづく