loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

永代家の囲碁日記・名人への道

いとこ

次男から見るとお母さんのお姉さんの娘になります。

次男のほうが年下なので、こういう場合は「従姉弟」と書くそうです。

「いとこ」にも、立場によってたくさんの書き方があるようですね。

一年以上前のことですが、自宅近所の地元からコツコツと囲碁普及を始めました。

長男とインストラクター仲間の息子くんを中心にして、いとこ達の3人を加えて身内から囲碁教室を始めました。

近所の長男のお友達にも積極的に囲碁を教え始めました。

三鷹市の小学生囲碁大会の実行委員会にも入って、お手伝いを始めました。

さあ、これから小学校の放課後事業などで囲碁を教えたりして盛り上げようとしていた矢先に、ちょうどコロナが来襲…。

これに子供教室も含めて全ての活動にストップがかかりました。

意気揚々とやっていたのに、もうどうにもならないですよね。

従姉弟と対局

囲碁教室をやっていた頃は、次男もまだ2歳で囲碁ができませんでした。

なので、今回の対局が初対戦です。

13路で5子置いて挑戦。

途中で小田が「何子置いたの?」と聞いたところ

従姉弟「5つぶ」

5つぶって(笑)

うん、女の子はかわいすぎる。

うちの長女も楽しみです。

碁の内容は白がたくさん取っていったのですが、五子置いているだけあって、黒が少しリードで最後の数手へ。

そのまま続けて打てば白が勝ちそうですが、ここで「はい、ここを閉じれば終わり〜」と言って終局しました。

結果は微差で黒の勝ち。

従姉妹にはかわいそうですが、こういう時は「した手に優しく」するものです。

その後に

永代「五子置いたし、最後に自分が教えちゃったしね〜」とフォローもします。

そして、その後に一局打ってあげて気持ち良く勝たせてあげました!

これで万事解決。

囲碁は勝負事で白黒がはっきりつくために、負けた側のフォローはとても大変です。

勝ったほうはほっといてもいいですからね。

囲碁指導の際にはここが一番気を使います。

今回の件は教室をしていた時の傾向で、このような対応をしましたが、子供によって対応策は変わってきます。

それを瞬時に見抜いて、その子にあった指導をするのが名講師です。

まだまだ名講師とまではいきませんが、そこを目指して日々、研究しながら指導をしています。

これは大人の指導にも通じることです。

先はまだまだ長い。

時代が変われば指導方法も変わりますし、一生に渡って勉強ですね。

2021年5月3日

あまのじゃく?【次男6】

By igosalon

自分で〜!!

次男の最近の口癖は

「自分で(やる)〜〜!!」です。

・着替えるのも、自分で〜。

・靴履くのも、自分で〜。

・靴を脱ぐのも、自分で〜。

・ドア開けるのも、自分で〜。

・ご飯を食べさせようとしても、自分で〜。

これらのことは一見すると、自立しててなんて良い子なんだろう!と思うかもしれません。

しかし、実際はそうでもありません。

ただの3歳児です。

上の項目の全ての前に、次男が何もしようとしないから「親がやってあげようとしたら」がつきます(笑)

そうすると印象は180度変わります。

やらない→やってあげようとすると文句言う→やらない→やってあげようとすると…という無限ループで結局はなにもやりません。

本当はびっくりして360度回って、自立した子のままでいてほしいくらいです。

13路・第41局

さぁ、前置きが長くなりましたが何が言いたいかと言いますと…。

最近は、対局しているときに「ここアタリだよー」とか「ここ切って取っちゃいなよー」と教えても、教えられたところにはなかなか打ちたがりません。

2、3手して取られてから「待った」です(笑)

相当な「あまのじゃく」ですね。

囲碁に関しては、子供は素直なほうが強くなりますので困ったものです。

とはいえ、まだ3歳児。

のんびりと我慢強くやるしかないですね。

長男のときはどうだったかなぁ。

3年前のことで覚えていないけど、似たようなものだっただろうなぁ。

我慢の2周目を頑張ります。

後には長女で3周目も控えてますからね…。

13路対局は40局目くらい?

えー、次男の更新がまたまた空いてしまいました(笑)

調べてみると3週間近く…(遠い目)

平均すると1日1局くらいは打っているような気がするので、累計で13路は40局くらい打ったでしょうか。

相手の石を取るのはとても上手ですが、相手のほうばかり見て、まだ自分の石のアタリには気付けないような状況です。

子供なら誰しもが通る道ですね(笑)

【問題・黒先】ダメヅマリを狙う

実戦でこのような局面になりました。

黒番でダメヅマリを狙うといったらあそこですよね。

次男はすぐに黒1に置きました。

これを見てお父ちゃんは「石を置かないで分かるなんてこの子は天才か!?」と思いました。

お父ちゃん「黒1に白Aと打ったらどうするの?」

次男「黒Bで取るよ!」

お父ちゃんは「ますます天才か!」と思いました。

お父ちゃん「じゃあ、黒1に白Bと打ったらどうするの?」

お父ちゃん(さっきのができたんだから、これも簡単にクリアするだろう…)

次男「黒Aに打ったら反則負けになっちゃうか!?」

……。

お父ちゃん「ずこ〜!!」

さっきまで天才だと思っていたのに10秒くらいでひっくり返りました(笑)

しかし、3手くらいは石のイメージもできているし、着手禁止点も分かるようになってきたし、これくらいでも十分に天才か!

黒1と打った手をノータイムで打ったのも、黒からAやBに打つと罠にはまって取られちゃうということを(きっと)考えたのでしょうね。

そうだとしたら、なかなかの頭の回転の速さです。

そうだ、そうだ。

次男はやっぱり天才だったんだ。

…。

こうやって親バカは形成されていきます(笑)

今日は祝日なので、おじいちゃんとたくさん対局したようです。

勝ち、負け、◯◯、◯◯〜と結果を言ってきたのですが、とりあえず七局も打ってきたことは確認できました(笑)

前回の打ち込み碁では六子まで打ち込まれていましたが、今日は勝ちのほうが多かったようなので聞いてみました。

お父ちゃん「五子にできたの?」

これには…。

長男「全部五子だったよ。」

お父ちゃん「あれー?打ち込み碁ではなかったんかい!」

しかも六子にされていたはずなのに、五子で勝ち越してるってどういうことだい!?

子供はその日の調子で一子も二子も違いますからね。

こんなこともあるでしょう。

週に2回の洪道場。

最近は2回のうちのどちらかに運動の時間があることが多いです。

長男は最近、洪道場で友達ができたと話してくれました。

運動の時間にお話をしたみたいで、このお話をしたかしていないかで、お友達となる基準が決まるようです(笑)

運動の時間に参加してから、長男は洪道場に行くのが楽しみになっています。

この運動の時間をきっかけに色々と成長していて、やっぱり新しいことにチャレンジするのは大事なんだなぁと実感させられています。

親である私も、まだまだチャレンジしていきたいと思います。

ガチンコ七子・第一局

八子局を卒業した長男は調子に乗って七子局も…。

といきたいところでしたが、ここはお父ちゃんが貫禄を見せて勝利。

お父ちゃんもそう簡単には負けられんごわすよ。

八子局だと辺の星に全て石がありますからね。

七子局なら辺は二つも空いています(笑)

天元は働かなければ六子局と同じ!(置き碁あるある)

とはいえ、七子局はすぐにクリアするでしょうね。

そうすると天元が働かなければ六子と同じ!

とか言ってるわけですからすぐに五子になる理屈です(笑)

多分、そこまではすぐです。

肝心なのは五子局からですね。

五子は天元が働かなければ四子と同じ!

という理屈なので五子をクリアできれば三子のようなものです。

三子になれば院生になれちゃいますね(笑)

そこまではすぐというわけにはいかないでしょう。

まぁ、とはいえいずれはなるでしょうから、ぼちぼち待っていましょうね。

久しぶりのガチンコ8子局

長男とゆっくり時間の取れる日があったので、久しぶりにたくさん対局してみました。

最初に指導碁スタイルで対局したのは前回の日記をご覧ください。↓↓

指導碁スタイルは好きじゃない?【長男

内容が中々に良かったので、久しぶりにガチンコ対局をしてみようかということになりました。

ちょっと前までは、負けすぎて手が縮こまっていましたが、少し経ったことで苦い経験を忘れたのか…(笑)

まぁ、のびのびと打てていたように思えます。

お父ちゃんの寝ぼけたような手を咎めることもできていたし、見事に長男の勝利。

内容も合格点かな。

とりあえず八子局は卒業ということにしました。

子供の棋力では二段という感じはありますが、町の碁会所で言えば三段くらいかな。

去年の今頃には、一年後には三段くらいという目論見は甘く見れば達成できたかな?

(本当は子供の棋力で三段という考えでしたが)

最近は囲碁に対する心構えも良くなってきました。

「洪道場が楽しみだなぁ」

「強くなりたいな」

という言葉がちらほらと聞こえるようになってきました。

まぁ、まだうわべで言っているだけというのは分かっていますが、こういう言葉が出てくるだけでも良しとしましょう。

1ヶ月前とは明らかな違いです(笑)

タイミング的には小学校に入学したことと、洪道場で運動の時間に参加したことが大きなきっかけだったかなと分析してます。

精神的に少し成長したのかな?

子供は親の分からないところで成長していくものですね。

今後も、親はどうでもいいので、本人が成長を続けてもらえたらいいですね。

最近は指導碁スタイルばかり

少し前まで八子でガチンコ対局をしていましたが、負けが込んで碁の内容は悪くなる一方…。

これは逆効果と思い、しばらくは対局中に無理やり手を止めて考えさせるようにしました。

石の強弱判断を促してみたり、このあたりを考えてみて、とアドバイスしたり…。

これは指導碁ですね(笑)

ハンデは置き石なしの先番です。

そんな感じで色々とアドバイスしたり、良い碁が打てるように誘導してあげるものだから、勝負はほとんど長男が勝ってしまいます(笑)

まぁ、これも長年インストラクターをやってきた経験を存分に発揮させてもらっています。

ただ、絶不調の中でも救いがあったのは、指導碁スタイルがあまり好きではなさそうでした。

あれだけ負けていたのに、ガチンコ勝負のほうが好きそうなんですよね。

その心意気や良し。

勝負師はそうでなくっちゃ。

ただ、そこを良いようにコントロールしてあげるのは指導者の役目だと思います。

気合いが空回りしても逆効果ですからね。

色々と様子を見ながら指導しています。

ふー。

次のステージへ

そして、この指導方法を始めて2週間くらい経ったかな?

というところでまたガチンコ対局を始めてみました。

つづく↓

ガチンコ対局復活!【長男8】

週に2回コースの2週目

小学一年生になってからの2回目の土日コース。

土日コースになって、先生から運動の時間も一緒にどうか?と提案していただいたけれど、長男は気恥ずかしさから断り気味…。

長男「8月の誕生日がきたら、運動にいこうかな〜」

とよく意味が分からないコメント。

何か思い切って新しいことを始めるのに、きっかけのようなものが欲しい感じね(笑)

でも、元々は外で遊ぶのが大好きな長男なのでそのうち行くだろうと思っていたら…。

やっぱり今回は行ってきました(笑)

ドッヂボールとサッカーをしたようで楽しかったみたいです。

長男は保育園のドッヂボールでも逃げるのがうまいらしく、今回の運動の時間でも「一回も当たらなかった〜」と自慢気。

ボールを取りに行く気がないなら、なかなか当たらないよなぁとは思いつつも(笑)

楽しそうで何よりです。

その後は対局をしたり、詰碁をしたりだったようです。

道場生と一緒に詰碁ゲームをしたりと、なかなか刺激を受けているようです。

一人でやるより、間違いなくいいですからね。

お互いが刺激になる、これが道場の魅力です。

今後とも頑張ってもらいましょう!

第15局くらい?

次男の更新が久しぶりになってしまいました。

一局打つ日や二局打つ日、打たない日などもあるので、大体10局くらいは打ったかな?

ロッテの大会が終わってからはやや減速気味です(笑)

イベントのあとの盛り下がりは、囲碁界あるあるですね。

まぁ、のんびりやっていきます。

天の宿命?

今日は時間がなくて一局だけしかできないときに限って

次男「もう一局やる〜!」

お父ちゃん「もう時間がないから終わりだよ」

次男はお父ちゃんが片付けようとする碁笥をしっかりと掴んで…。

次男「やるーー!!」

でも、時間がないのでそのまま片付けたら…。

次男「うわーーん」

と泣き出しました。

ああ、これはもう囲碁棋士になるしかない。

天の宿命だ。

そして、やってきたお母さん。

お母さん「おやつ食べる?」

次男は「うん、食べる」(ニコニコ)

前言撤回します。

天の宿命というのは勘違いだったようです。

しかし、この切り替えの早さは勝負師に向いているのか?

結局のところ…。

先のことなんて、よく分からん(笑)