loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

日別: 2019年4月8日

2019年4月8日

子供教室デビュー

By igosalon

長男の子供教室デビュー

調布にある燦々の子供教室に通わせることにしました。長男は永代囲碁塾以外の教室は初めてです。親がいる教室だと、甘えが出てしまいますし、親と先生が同一人物だと長男も戸惑う場面も出てくるでしょう。できる限りは外の教室にやりたい気持ちがあります。ということで初日から2時間放り込んできました(笑)

燦々

燦々は新垣武プロと、新垣未希インストラクター、新垣望インストラクターの家族経営です。新垣先生は院生時代の院生師範でしたし、新垣姉妹とは中学生のときに同じ子供教室に通ったことをきっかけに仲良くさせてもらっています。

子供を預けるにはとても安心な環境なのです。

永代家の心掛け

自分が子供教室に入れる際に気を付けようと思ってることがあります。

それは、教室の内容に親は一切口を出さないことです。上でも少し書きましたが、先生と親が別々のことを言ってしまうと、子供は混乱してしまいます。先生に預けるからには先生を信頼して、囲碁のことは任せるべきなのです。信頼できないなら元々預けなければいい。それだけのことですね。

なので、預けた瞬間にもう自分は外に出ていきました。先生達の心配に乗っかって、長男はしばらくいてほしそうな空気ですが、知らんぷり(笑)子どもはすぐに慣れますからね。

勿論、色々と考え方はあるかと思いますが、自分はこのスタンスでいこうと思っています。親は子どもに対して色々と言いたくなりますが、そこをグッと堪えて子どもの自主性を伸ばせるように努力したいと思います。

(これは本当に難しい(笑))

勉強内容

勉強時間はほとんど見てないので、詳細はそこまで分かりませんが、生徒同士の対局がメインとは思います。指導碁などもチラホラしてくれているようですね。

あと、棋譜並べや詰め碁を先生が一緒にやってくれました。

数字をどこまで読めるか分からない長男に対しても、親切に根気強く指導してくれたのでしょう。家に帰ってから教室でもらった棋譜を自分で並べ出しました。一路ずれてたりしたので少しサポートはしたものの、何とか20手までは並べました。棋譜並べを楽しいものと思わせてくれたのでしょうね。感謝です。

自分も講師をやってるので分かりますが、これが本当に大変なことなのですよ…。

まとめ

何とか19路で打てるようになったので、色々と囲碁のところに連れて行きやすくなりました。

子どもを預けると自分の時間が取れるのが嬉しいですね。

……。

結局そこかい!?(笑)