loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

作者別: igosalon

長男は午後の部に15級で出場!

認定対局を規定の5局を打って、4勝1敗でした。あまりの好成績に親のほうがびっくり。

午前の部を見てた感じでは15級でも強い子が多かったのでもっと負けると思ってました。その証拠に「5回」勝ったら好きな外食に連れて行ってあげるよと約束してしまいました(笑)

小田からは「絶対に勝てないと思ってるでしょー」と突っ込まれながらも。

問題発生

認定対局は4勝1敗だったので、ある意味でホッとしていたのですが、ここで問題が発生。

長男も対局相手も打つのが猛烈に早く、時間が余りました。そして、認定対局ではなくてもカード対局を続行したのです…。

そして、そこで勝ってしまい「5回勝つ」のミッションをクリアしてしまいました。

5回ではなくて「5連勝」と言っておくべきだった…。

長男はもうすでに、少し高めの焼肉に行く気満々です。どうしましょう?(@_@)

ゲスト棋士

入門教室…桑原陽子プロ

審判長…田尻悠人プロ

激励?…山下敬吾プロ

山下先生が歩いていたので、ご挨拶したら長男に優しく「何歳?」と声を掛けてくれました。長男は「誰だろう?」と思っていたはずです。あとですごく強いプロの先生だよと言ったら驚いていました(笑)

2019年8月15日

ジュニア囲碁フェスティバル

By igosalon
今日はジュニア囲碁フェスティバルへ取材に行ってきます!500人定員×2部制なのでかなり大規模な大会ですね。山下敬吾プロもいらっしゃいますし。
午後の部に長男も出場させます。
四歳最後の大会です。少しは勝てるのかな。毎日のように打ってると長男はどれくらい強くなってるか分からないのです(笑)
3月に渡辺和代キッズカップに出たときは19路で出るのがいっぱいいっぱいだったので、それに比べるとそれなりに強くなっているとは思うのですが。一応、15級でエントリーです。

記: 俵友祐希

今年も行ってきました!

去年に引き続き、三鷹市内の小学校へ指導に行かせていただきました。

教室に入ってみると、去年も参加した生徒が多数参加していて、囲碁を続けてくれていました。また私のことも覚えてくれている子も多く、とても嬉しく思いました。

ここでは囲碁の前に、毎回100マス計算が行なわれるのですが、「昨日よりもたくさん解くぞ」と意気込んでいる子が多かったです。

私もやってみたのですが、1番早く解けたので一安心(笑)

囲碁の講義では、昨日来ていなかった生徒や囲碁が初めての生徒もいたので、囲碁のルールから復習をして、石を取る手筋(両アタリ・シチョウ・ゲタ)などを紹介しました。

みんな分かると手を上げて答えてくれるので、講師としてはとても助かります!

そして、講義のあとは組み合わせての対局です。

私は生徒同士の対局を横目に、とても強いという生徒の指導碁をやらせていただきました。
対局に入ると、これまでの明るい雰囲気から、がらっと変わり、厳しい表情に。打つ手も厳しくて驚きました。三年生で四段くらいの実力がありそうで、素晴らしかったです。
級位者の子もみんな楽しそうに対局していたので、続けてくれればすぐに強くなりますね。

また機会があれば、指導に伺わせていただきたいと思います。

2019年8月5日

小学校で夏休み囲碁教室

By igosalon

夏休み恒例

三鷹市内の小学校で五日間連続の囲碁教室が始まりました!

本日は私(永代和盛)と小田彩子が講師を担当しました。

一年ぶりの生徒もたくさんいたのですが、囲碁を続けてくれていて、とても嬉しかったです。

今日が初めてという子も7人ほどいたのですが、全体的に出来が良くてびっくり!

すぐに対局ができるようになっていましたね。最近の小学生は恐るべし。

初めてなのに囲碁がものすごくできていた女の子は、囲碁よりもダンスのほうが得意で、英語もやってると話してくれました。

最近の小学生は恐るべし。

初めての子には囲碁セットも配布されました。続けてくれると嬉しいですね。

明日は俵友祐希インストラクターが担当します。

2019年8月2日

名人戦挑戦者決定戦!

By igosalon

名人戦リーグの最終局が終了して、芝野虎丸七段と河野臨九段が6勝2敗で首位タイとなり、来週に挑戦者決定プレーオフとなりました。

この組み合わせは前回の本因坊戦リーグ挑戦者決定戦でもプレーオフをしていたそうで…。このときは河野九段が勝ち、挑戦をしました。

今回はどうなるでしょうか。

芝野七段は名人挑戦で八段。三大タイトル奪取で九段です。

個人的には河野九段を応援しているのですが、世間的には芝野七段の応援団が多いのかな?(笑)

2019年7月30日

小田が囲碁研究(雑誌)に!

By igosalon

女流アマ勝ち抜き戦

現在、囲碁研究では上記の企画があります。そして、囲碁研究8月号にはなんと!!

小田が出場していますー!

第5戦目の登場ですね。

お相手は矢野瑞季さん。

矢野さんは永代塾囲碁サロンでもインストラクターをしてくれている若手です。

結果はいかに。

是非、(買って)ご覧ください(笑)

保存用に一冊と鑑賞用に一冊ずつ…(笑)

2019年7月25日

スナックで囲碁

By igosalon

昼間っからスナックで飲んでます。

しかも、二杯も飲みました。

…。

チャイを(笑)

待てども待てども待ち人は来ず…。

ということでその隙に隣の女性と仲良くなり、囲碁を教えました。ルールから(笑)

ああー、モテモテで困っちゃうな。

74歳の女性に。

本当に筋が良くてビックリしました。最初からあんなに思い切り良く打てないですよ。普通は。

でも、あとで話していると普通の方ではありませんでした。従業員を何十人も抱えている社長さん(笑)

思い切りの良い経営者なんですね。

その後は会議をして終了。でも、この会議は衝撃的でした。

時期がきたら、公表します!

サマースクールで囲碁入門

夏休みに入ると、学校外での子どもたちの動きが活発になります。それに合わせて夏休み入門教室や、大規模な子ども大会なども増えます。
今回はサマースクールの一環として入門教室を手伝ってきました。

子ども入門教室での心掛け

挨拶がてらに囲碁経験はどれくらいあるか、家族にやってる人がいるかの情報収集
これはとても大事です。
黒板に講師の名前を書いておく
漢字にふりがなは必須です。
ルール説明は手短に
ルールは事前に全てひらがなで黒板に書いておきます。ルール説明自体は五分以内に終わらせたいところです。ですので、短時間で分かりやすく伝える話術が必要です。コウを教えるのは論外ですね。コウは一旦飛ばします。初日ならやらなくてもよいくらいです。
対局を中心に、組み合わせに気をつける
子どもは打つのが一番の楽しみです。ですので、ずーと打たせておいてもよいくらいです。ただし、実力差があるとどちらかに勝敗が偏ってしまうので、それは避けなければいけません。ここで、事前の情報収集が役に立ちます。
とにかく褒める
都合が悪くなると途中で終わらせてもよいので失敗体験は減らしましょう。この時期に失敗をしてもデメリットのほうが大きくなります。よい意味での失敗体験はもう少し囲碁に慣れてきてからで十分です。

全体の総括

子どもの入門者に対しては、とにかく「我々の普通」を教えないことです。たくさん教えても最初に理解できる量は限られています。とにかく褒めて成功体験の回数を増やしてあげましょう。
最初はそのことに全力を注ぎます。明るい声で元気よく話すなど、子どもたちとコミュニケーションを取れば成功確率はアップします。講師主導にならないように気を付けましょう。主役は子ども達ということを忘れないように。
写真は新垣望インストラクターと俵友祐希インストラクター。小学生30人を3人で教えました。3人もいれば十分です^_^

2019年7月18日

【問題】

By igosalon

黒番

テーマは「石の強弱」

左下で戦いが始まろうとしています。

黒が取るべき石の方向性を、周りの力関係によって決めます。

オンラインサロン

このような問題は下記のオンラインサロンにて定期的に出題しております。ご興味のある方はご入会ください。

永代囲碁道場クリック

2019年7月17日

イベント、スケジュール一覧

By igosalon

各項目をクリックすると詳細がご覧いただけます。

・6月スケジュール(PDF)

 

【 イベント 】

・ 7/21(日)ウィークエンド交流会「茂呂プロ」

・ 7/27(土)有段者研究会「U研」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細はHP内の「指導碁・教室 >スケジュール」でもご覧いただけます。