loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・
2021年1月29日

【長男】ガチンコ八子対決・第2局

By igosalon

終局直前の盤面

【問題・白番】手抜きの隙をつく

白3は次に白Aのトビ出しを狙っています。

黒4はあとがどうなっても無駄のない利かし。

黒が6と、白のトビ出しを防いできたらどうなるでしょうか。

何か事件を起こさないと、左辺の白はそのまま飲み込まれてしまいます。

白で手筋を放ちましょう!

『正解』切りしかない

何か事件を起こすなら、白1と切るしかありません。

そして、黒8までは一本道に見えます。

『正解続き』一線のコスミが手筋

白1が起死回生の手筋です。

白7まで綺麗に黒を取ることができました。

最終的には「両押す手なし」という形ですね。

『正解変化』さらに一線のトビが手筋

白1に黒2とダメをつめてきたら注意が必要です。

黒2には白3の一線のトビだけが正解です。

その他はうまく連絡できません。

『正解後の失敗」安易な発想

簡単に考えてしまうと白1、3と打ってしまいそうです。

しかし、これは黒4でアタリにされてしまい、そのまま白は取られてしまいます。

正しい攻防は

正解図は一本道に見えましたが、実は黒4がありました。

白5には黒Aでコウにハジく狙いがあります。

白5には黒Bで攻め合いを仕掛ける手もあるでしょう。

いずれにしても少し白が苦しそうです。

実戦の進行

実戦は何かを察したのか、黒1と守りました。

長男も、多分読み切っているわけではないと思いますが、勘が鋭いですね(笑)

子どもというのは勝負所でツブれないようにするのがうまいものです。

でも、せめて黒1では、黒Aで守って下辺白にもプレッシャーを与えていきたいところでしたね。

2 thoughts on “【長男】ガチンコ八子対決・第2局

  1. The passion 楽しく拝見しています。囲碁サロンを主宰されているのですね。優しくご指導されていらっしゃるのでしょうね。私も生徒になってみたいです。今は小林孝之先生の市川教室に通っています。いつか永代先生の講義を聴いてみたいです。先生のご活躍をお祈りしています。

    1. ありがとうございます。
      武蔵小杉で永代塾囲碁サロンを経営しています。
      教室のほうはそんなに厳しいようなことはないので、いつでもお気軽に遊びにきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です