loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

タグ: 永代塾囲碁サロン

2020年4月6日

茂呂有紗初段

By igosalon

有紗ちゃん

茂呂有紗初段が当時小学生でまだ院生に入る前の頃だった。

恐らく10年ほど前のことだが、私がダイヤモンド囲碁サロン(DIS)でインストラクターをしているときに指導碁で打ったことがある。

その時からの縁なので有紗ちゃんと呼ぶことにしよう。

有紗ちゃんは囲碁将棋チャンネルの「パッション」という棋力判定番組にも出ていたし、そこそこ名前も出始めていた。(私はパッションでは対局していない)

業界内で名前がちらほら出てくるようになると、有望な若者が出てきたんだなという感じを受ける。

そして、有紗ちゃんは院生に入ることが決まっていたくらいなので、もちろん強かった。

しかし、院生に入ってプロになるような子は強くて当たり前ただ強いだけではなくて、怪物じみたような強さを持っていないとプロになれるという太鼓判は押せない。

太鼓判を押されるような小学生は井山裕太少年や一力遼少年、芝野虎丸少年などはそうだったのかもしれない。ただ、私は彼らの小学生時代にお相手をしたことはない。

そして、その他に私が打った中で怪物じみたような小学生はほとんどいなかった。唯一の話で言うと院生に入ったばかりの謝依旻ちゃんだろうか。(多分、そのときは小学生だった気がする。間違っていたらごめんなさい)

そして惜しかったとすれば大西竜平少年だろう。小学生名人になったときの碁をリアルタイムで観戦していたが、そのときの強さはものすごかった。その後、中学生で対局したときにはプロになると確信できた。小学生のときに対局していても同じ印象を持っていたことだろう。(要するに初対局のタイミングが悪かっただけ)

私の感覚で言えばプロ間違いなしと太鼓判を押せるような小学生はタイトル間違いなしと言いたくなるような子供なのだろう。謝ちゃんは予想通りにタイトルをたくさん取った。そして大西くんには、小学生の時にビビっときた棋士として、今後をとても期待している。

要するに有望な小学生を相手にしても、プロになれる!と太鼓判を押すのではなくて、プロを目指していいという太鼓判を押すレベルがほとんどなのである。かなりの才能がある小学生でも、プロになれるかどうかなど分からない。

小学生の有紗ちゃんだって強かったが、プロになれる保証などどこにもない。それを分かっていたご両親も当時はとても心配されていたようだった。のちに日本棋院でご両親とばったり会った時には相談をされた。

「娘が院生に入ったのですが、いつまで続けていいものでしょうか。長く続けてプロになれなかったら…。」

これは親からしてみたら万国共通の悩みだ。我が子にはもちろん夢を追いかけ続けてほしいけれど、ある程度の年になったら現実も見てほしい。そのある程度の年はいつなのか?という問題だ。

正直な話、これには答えがない。人それぞれに才能が開花するタイミングが違うからだ。早熟だったけどあとが伸びない人もいれば、伸びが遅かったけど大器晩成型だったりと…。

千差万別である。

そこで私がいつも一つだけ言うのは

「本人が後悔せずに納得するまで」

これはもう私の問題ではなくて、本人をよく知る身内しか分かるよしもない。要するに親も本人も納得するまで家族でよく話し合ってくださいということ。

一つの目安として、いつも提案するのが中学生の間にプロになること」中学生のうちにプロになればかなり早いほうなので、親も文句の付けようはないはずだ。

しかし、この条件だけではほとんどの院生がプロになれないかもしれないので、ある条件(例えばAクラスにいくなど)を満たせば延長も可とするなど。そのあたりのサジ加減で本人にタイムリミットを決めさせて修行させるのが一番お勧めかなと感じる。本人も緊張感を持って勉強するだろう。

この話をご両親にしたら、少し晴れたような顔をした気がした。きっとそのあとに家族会議をしたことだろう。実際はどういう取り決めになったかは分からないが、ある程度の設定は作られたものと思う。

そして、有紗ちゃんは見事にその設定をクリアしていったのだろう。晴れて棋士になることができた。

そして、ようやく長い棋士人生のスタートラインに立ったのである。

その後

ナショナルチームに所属して研鑽を積んでいる。現在の棋士仲間からは「強い」と口を揃えて評価されている。今後が期待される有望な若手棋士の一人なのだ。

そして、NHK杯の読み上げとしても大活躍中だ。

人柄については、周りの棋士からは「素直で真面目な女の子」という評判だ。悪い噂は聞いたことがない。

日時: 5月2日~6日

時間: ①13:00~17:30(昼の部)

    ②17:30~21:00(夜の部・開催未定

場所: 永代塾囲碁サロン

受講費: 1コマ / 5,000円

講師: 永代和盛インストラクター、ほか未定

スケジュール:

13時~14時  大盤講義
14時~15時半 指導碁①
15時半~17時 指導碁②

内容:

・大盤を使った講義を約1時間行います。
・インストラクターによる指導碁を2局受けられます。(最高四面の多面打ち)
・講師1人につき生徒は4人までなので少人数制のグループレッスンとお考えください。

各日のテーマは後日発表いたします。
夜の部の開催は申し込みの状況を見て判断させていただきます。

2020年3月13日

『イベント 』

By igosalon

イベント

 

・5月16日()「田尻悠人プロ指導碁会」

・5月末日()U研(有段者研究会)

 

 

 入門教室

 

・毎週木曜日・土曜日 16時~18時

初回体験:1,500円(60分)

インストラクターが丁寧にレッスンします。特別教材をご用意!囲碁を覚えたいと思った方、ぜひお気軽にいらっしゃって下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細はHP内の「指導碁・教室 >スケジュール」でもご覧いただけます。

日時: 5月9日()13時~17時

場所: 永代塾囲碁サロン

指導棋士: 白石勇一 七段

料金: 会員/5,500円 ビジター/6,600円

スケジュール

13:00~14:00 大盤講義

14:00~17:00 多面打ち指導碁

女流棋士VS永代和盛で行われる炎の十番勝負の第2局です。
第一局は大須賀聖良プロに永代が勝利。

【第二局目の公開対局】

『五藤眞奈プロVS永代和盛』

解説は首藤瞬プロです。
首藤プロのユニークで分かりやすい解説をお楽しみください。
皆さまのお越しをお待ちしております。(公開対局のあとは指導碁会があります)

【日時2月16日()13時~17時半

【場所永代塾囲碁サロン

【指導棋士】

五藤眞奈初段

首藤瞬 七段

【インストラクター】永代和盛イン

【料金ワンドリンクサービス・宇佐美珈琲あり)

参加費:会員/1,100円 ビジター/2,200円

指導料:棋士/4,400円 イン/2,200円

【スケジュール】

①13:00~14:30 公開対局・大盤解説会

【五藤眞奈プロ VS 永代和盛イン】

大盤解説:首藤瞬プロ

②14:30~16:00 多面打ち

(五藤プロ、首藤プロ、永代イン)

③16:00~17:30 多面打ち

(五藤プロ、首藤プロ、永代イン)

久しぶりの更新です。
今回は小林泉美プロです。
張栩プロも少しだけ。

 

クリック↓↓

永代和盛の囲碁人生 Vol.27
(中学一年・3学期、仁風会編2)

7月1日で永代塾囲碁サロンも丸4年を迎えます。

毎年恒例のことですが、4周年記念イベントをやりたいと思います。

望月研一プロをゲストに指導碁会を行います。
そして、大盤イベントでは「望月プロVS温起くん」公開対局を行います。温起くんは3月の渡辺和代キッズカップの優勝者です。未就学児のみの大会ですが、当時ですでに四段くらいあったと思われます。あれから4ヶ月でさらに強くなっているかもしれません。楽しみですね。

詳細

日にち: 7月7日(

時間 : 13時~17時半

場所 : 永代塾囲碁サロン(武蔵小杉)

ゲスト棋士: 望月研一プロ

望月研一プロ

インストラクター: 永代和盛・小田彩子

内容 :

13時~14時半 多面指導碁①

14時半~16時 多面指導碁②

16時~17時半 大盤イベント(望月プロVS温起くん)

入場料: 会員/1,080円 ビジター/2,160円

指導料:(入場料別)

棋士/4,320円  インストラクター/2,160円

星合志保二段

久しぶりに来てもらいました!

四月からNHK杯囲碁トーナメントの司会をすることが決まっています。

忙しくなる前に来てもらえて良かったです!といっても、オファーを日程が合わずに三度ほど断られているので、もうすでに忙しいのですけどね…(笑)

指導碁風景

満席からのスタートです。人気ぶりがさすがです。

そして、さらに後半の指導碁も満席となりました…。すごい(@_@)

全部、埋まったことはどれくらいぶりだろうか…。(遠い目)

さらに、NHK杯で名前がどんどんと売れていったら、手が付けられないような人気になってしまいそうですね!

そうなっても永代囲碁塾を見捨てないでくださいねー!(笑)

指導碁の内容と棋風

Hさん「星合さんは優しかったよ。何より打つ手付きが綺麗だったね。」

永代「優しかった!?」

他の方「優しかったですよ」

永代「あれれ?豪腕で知られる星合さんが!?

星合プロ「そんなことないですよー。でも今日は全勝してしまいました。」

永代(それは優しいのか…?)

と、心の中でのツッコミは置いておき「星合プロは優しい」が全会一致(永代を除く)で決定いたしました。

星合プロからのお知らせ

4月7日に女流棋士三人が主催する「女子お茶会」が行われます。まだ参加者を募集しているそうなので、ご興味がある方は案内の中の連絡先でも、永代でもいいのでご連絡ください。

男性の皆さまは残念ながら参加はできませんが、女子会イベントがあるよと、女子の皆さまにお知らせいただけると嬉しいです。皆んなで星合プロを応援しましょう!

【参加女流棋士】

・星合志保二段

・木部夏生二段

・金子真季二段

2019年1月6日

新年の抱負

By igosalon

記:永代和盛


 

明けましておめでとうございます。
少し遅れましたが、新年の抱負です。

————————————–

【 のんびりする 】

————————————–

① 身体に負担をかけない

・猫背を治す

・腰痛を治す

・ストレッチ(身体を柔らかくする)

・睡眠時間の管理

② 時間管理・心に余裕を持つ

・仕事は効率的に終わらせる

・SNSをダラダラ見ない

・体調管理の時間を取る

・家族との時間を長く取る

③現存企画を育てる、新企画は主導しない

・永代塾囲碁サロンの発展

・各種教室の発展

・永代塾イベントを盛り上げる

・三鷹囲碁ルームの発展(囲碁アイドル含)

・執筆系の実力向上

今あるものを大事に、基礎固めをする。新企画は周りに主導してもらう。

時間を大切に頑張ります!

黒先白死

img_5897.jpg

今回は正解がどこだというよりも、正解になるまでの手順を解説しました。

なぜこのような流れになるのか。
この流れは他にも応用できるのか。

これは初段クラスまでの殺す問題であれば、なかなかの高確率で当てはまる法則です。(65%~70%くらいかな)

読みのサポート

読まなくていいとは絶対に言いませんが、級位者で詰碁が苦手な方のサポートにはなると思います。
私は「楽に初段!」とか「読みをいれなくても簡単に詰碁が解ける!」という類の楽な方面へ誘う言葉は嫌いです。有り得ないとは言いませんが、詰碁の分野に関しては幅広いケースで考えると確率は悪いからです。

そして、さらに実戦さながらの損得まで考えられてしまいます。
詰碁の問題だけなら、失敗したときのリスクなどは考えなくてもいいですからね。
実戦での勝率を上げるサポートです。

この法則を見つけるのに、初段までの詰碁の本をずーと、ずーと眺めていました(笑)
何冊見たかなぁ。一時期は電車の中など移動時間は、ずーとこればかり考えてました(笑)

詰碁の全ての解決策にはなりませんが、サポートにはなると思いますよー。
内容は教室に聞きに来てね(笑)

記:永代和盛