loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

タグ: 円田秀樹

2019年4月28日

超・永代塾 資料作成

By igosalon

「超・永代囲碁塾」(GW集中特訓講座)の資料作成が大体終わりました。今回は8種類。

①AI流簡単対策(番外編)
②石の強弱の考え方
③強い石を見極める
④弱い石を見極める
⑤定石から強弱を学ぶ(星)
⑥定石から強弱を学ぶ(小目)
⑦強い石の活用法
⑧弱い石の対処法

準備を早く始めても、結局はいつもギリギリになってしまう性格です。今回こそは余裕を持って終わらせると思って早めに始めたのですが。

あ、毎回そう思ってるか・・・(笑)

その言い訳に「追い込まれたときのほうが底力が出て、総合的にみたらかける時間も少なくてすむ」と、円田秀樹プロに伝えてみたら「そんな言い訳があるのか」と感心されました(笑)

NHK囲碁講座で新講座スタート!

4月からNHK囲碁フォーカスで新しい囲碁講座が始まりました。

講師は円田秀樹先生と稲葉かりん先生の関西棋士コンビです。

永代囲碁塾からは

テキストのほうで俵友祐希が執筆の担当、永代は編集担当&収録現場のお手伝いもしています。

円田秀樹九段

このイラストは激似です!!!

実際の円田先生はこちら↓↓

そっくりでしょう(笑)

円田先生も見てくれた方から似てますねと言われる確率が100%だとか、それに近いとか言ってました・・・(笑)

講座内容

内容は石のパワーバランスと称して、石の強弱がテーマになっています。

うん?どこかで聞いたテーマだなと思った方!

素晴らしい!

今度のGWイベント「超・永代囲碁塾」のテーマでもあります。

しかーし!

テーマは同じでも、問題は同じのを使っていないですよ!

そんなことをしたら、お仕事がぽーん!と飛んでしまいます(笑)

「NHK囲碁講座テキスト」では、石の強弱を全体的にやっていくイメージです。

一方で「超・永代囲碁塾」はもっと前の段階として、石の強弱を見極めることにフォーカスしています。

なので、GWで石の強弱を勉強したら、NHK囲碁講座を観ていてより一層の理解が得られると思います。

便乗企画のようになってしまいましたが、お待ちしております!

 

ちなみに

去年のGWが終わったころから、次回のテーマは石の強弱にすると話しました。
(証人は何人もいますよ!)

ということで、今回のテーマ被りは永代さんお得意のリスペクトというわけではありません(笑)

実際にどちらもご覧いただいて、違いを見比べてみてください!

(こうやって、どちらにも参加させる狙い)

お待ちしております~!