loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

タグ: パッション

囲碁将棋チャンネルに「パッション・棋力向上委員会」という囲碁番組があります。

パッションはチャレンジャーがインストラクターに挑戦して、その対局を見ながら講師(棋士)が棋力認定をしてくれる番組です。

このパッションに長男が出演させていただくことになりました。

放送日時

1回目‥2021.09.21

2回目‥2021.10.19

3回目‥2021.11.16

4回目‥2021.12.14

5回目‥2022.01.11

6回目‥2022.02.08

(各回で再放送あり)

実はパッションの申し込みは前回もしていましたが落選してしまい、今回が2回目の応募でした。

できれば前回は同級生の男の子と女の子が出ていたので、一緒だと面白かったのですが、落選したのは残念でした。

そして、書類選考が通ると面接となります。

面接までいけば、大体は合格が出るのですが…。

普段はギャーギャーとうるさく、自己主張の激しい長男が、面接になると借りてきた猫のように大人しくなってしまいました。

プロデューサーや稲葉禄子さんの質問にも、返答に時間がかかるどころか、満足に答えられません…。

普段の調子を見ていた私は、まぁ質問くらいなら普通に受け答えができるだろうと思っていたのが大誤算…。

テレビ番組では碁の内容も大事ですが、番組を盛り上げるためにも会話のキャッチボール程度はできなくてはいけません。

何か答えれば、稲葉さんがいかようにも料理してくれるのですが、会話のキャッチボールにならない程度では…。

せっかく、面接までいったのですが断られてもおかしくない雰囲気でした…。

それでも「まだ一年生だからね」ということと「受け答えの練習をしてくる」ということでご容赦していただいて、何とか合格という感じでした。

ふ〜。

つづく

囲碁将棋チャンネルにて放映の「棋力向上委員会・パッション」に出演中の長男ですが、本日は3回目の放送です。

囲碁サロンに来ている生徒さんが「見ましたよ〜」と言ってくれました。

たしか囲碁将棋チャンネルは見れないと言ってたはず。

このためにスカパーかどこかに入ってくれたんだと思います。

ありがとうございます。

ただの親としても嬉しいし、業界人としても嬉しくてダブルパンチ!でございます。

内容に関しては再放送が終わったら触れたいと思います。

私は本日見れないので(笑)

前も再放送が終わったら‥と思ったけど忘れてたなぁ。

全部終わったら総括でもするか。

棋力向上委員会「ザ・パッション」

チャレンジャーは1クール(半年)で四人。

各自が月に1回インストラクターに挑戦して、半年間で棋力向上を目指します。

(ちなみに6回目の最後だけはボーナスステージで棋士が登場します。)

そして、各回ごとに棋力を言い渡されるようになっています。

解説と棋力判定は講師の小松英樹九段、片岡聡九段、黄孟正九段の3人が交代制で行います。

司会は女流アマの中で不動の人気No. 1と言っても過言ではない稲葉禄子さんです。

講師陣の解説も面白いのですが、この稲葉さんの聞き手ぶりが上手くて面白いのが「パッション」の特徴なんですよね。

囲碁将棋チャンネルの番組でもう10年以上続いている長寿番組です。

すごい。

今日はその「パッション」でインストラクター役を務めてきました。

チャレンジャーとガチンコ対局をして、チャレンジャーの棋力を図る材料になるんですね。

インストラクターも適当に打っていれば良いわけではなくて、あの手この手を使って、チャレンジャーの良いところも悪いところも引き出さないといけません。

そして、講師からのお褒めの言葉と課題を出す場(アメと鞭?)を提供しなければいけないのです。

でも、そこは長年のインストラクター経験のかいがあって何とかできているような気がします(笑)

気になるチャレンジャーは年長の2人

今回の四人のチャレンジャーは、大人2人と子ども2人です。

そして、私視点からの注目すべきは子ども2人です。

実はどちらも年長さんで4月から一年生。

さらにどちらも強い。

あれ?

よく考えてみると、長男と同い年ではないか。

こりゃ、勝手にライバル認定させてもらおう(笑)

↑これが私視点の理由(笑)

他にも同級生で気になる子が一人いるし、全国各地に才能ある年長さんはたくさんいるでしょう。

あと10年もすれば2014年生まれが活躍し始めるかもしれませんね。

中国棋士風に言うと花の2014年代組といったところでしょうか。

(中国は一年ごとにプロになる人数が多いので、年代別で分けられることが多い)

いやー、本当に楽しみです。

うちの長男もこの子たちにライバルと言ってもらえるように頑張ってもらいたいですね。

日本の未来は暗くないですよ。

花の2014年代組をお楽しみに。

若いうちからの応援を是非ともよろしくお願いいたします。

2019年2月22日

遠方より

By igosalon

今週の水曜日は小田彩子の指導碁担当だったのですが、遠方よりお客様がいらっしゃいました。

なんと!

宇都宮からお越しになり、指導碁を受けていかれました。

小田が聞いてみると

「囲碁将棋チャンネルで、パッションや各種番組を見ているので知っていた」とのこと。

とても嬉しいですね。大歓迎です。

でも、一つだけ疑問があります。

なぜ、私(永代)の担当の日ではないんだろうか・・・(笑)

2019年1月21日

ザ・パッション

By igosalon

囲碁将棋チャンネルの番組で16年目に突入した人気番組です。

「棋力向上委員会 The PASSION!!」←クリック

講師は小松英樹プロと黄孟正プロが交互に務めます。
司会は稲葉禄子さんです。

人気の秘訣は稲葉さんのトークにあるでしょう。
講師お二人の個性もなかなかのものですが。

私はチャレンジャーの棋力測定をするためのお相手インストラクターを務めています。もう8年くらいかな。
小田も同じくらいの期間を一緒にインストラクターを務めさせてもらっています。

来月あたりに放映されると思いますのでお楽しみにー!

7/1で無事にオープンから2年を迎えました。これも応援してくれている皆様のおかげです。どうもありがとうございました。

今回は二周年を記念して、大沢摩耶インストラクターをゲストにイベントを開催しました。

何のイベントを開催したかと言いますと‥。

大沢摩耶インストラクターに、永代、小田。共通しているものは‥。

そして、そこに今回は囲碁将棋チャンネルで放映中の「パッション」にチャレンジャーとして出演してくれている方もいて‥。

もうお分かりですね。

永代塾囲碁サロンでの「パッション」企画(笑)

解説は大沢摩耶イン、聞き手は宇佐美イン、インストラクターは永代、チャレンジャーは本物。

あれ?小田はどこいったー!



こんな感じで、公開対局のようにやりました。
パッションでのエピソードなども交えながら大盛り上がりでした。

流石は大沢摩耶イン!トークも上手です!

2017年4月4日

パッション

By igosalon

稲葉さんのブログに出ていたので載せます。

稲葉禄子ブログ ←クリック

今回は吉田杏樹ちゃん。

緑星学園の尾山台に通っています。
自分が尾山台で指導していたときはまだいなかったのですが、その後に入門してメキメキと実力をつけています。

お兄ちゃんも尾山台に通っていてなかなかの実力者です。(お兄ちゃんもパッション経験者)

杏樹ちゃんと初めて対局したのは鎌倉子供囲碁大会で入門教室を担当したときです。そのときは9路盤だったのですが、そのころからしっかりと打っていましたね。その後は対局していなかったので、事実上は初対局みたいなものですね。

ブログにもあるように、杏樹ちゃんの将来の夢は棋士になって日本棋院でドーナツ屋さんを開くこと。これには感動です。是非、実現してほしいです。

色んな意味で、今後の活躍に期待です。

2016年10月24日

パッション

By igosalon

「パッション通信」(稲葉禄子さんのブログ) ←クリック

小田の収録だったのですが、ちょっとだけ顔を出してきました。

息子も連れて。

最初のうちは、知らない人がいっぱいでビビりな息子でしたが、お気に入りのサンダーバードのシールをもらったらご満悦(笑)

急に「これ、サンダーバードだおー」とか喋りだしました。

今回のチャレンジャーの女の子はお人形さんみたいに綺麗な顔をしていますね。

どこかの芸能事務所に所属しているとかしていないとか。

活躍してもらって、私の趣味は囲碁です、と言ってもらいたい。

いや、私は囲碁の女流棋士をしていますという紹介になるかもしれない・・・。

将来が楽しみです!

2016年7月25日

パッションと北陸のとら

By igosalon

久しぶりにパッションの収録でした~!

詳しくは稲葉さんのブログへ
http://yoshiko3.exblog.jp/23328925/

北陸には高林恭平さんという伝説のアマチュアがいらっしゃいます。
何が伝説かは各自でお調べください(笑)

そこで、今回のチャレンジャーの山下さんは石川県出身。

永代 「金沢のほうには北陸のとらと呼ばれる方がいらっしゃいますよ」

山下さん 「ああー、先日は北陸のとらさんにお会いできそうだったんですけどね~」

永代 (北陸のとらさん?)

小松先生 「北陸の寅さんじゃないよ(笑)」

永代 (あーーー!そういうこと!(笑))

という、あまり強そうに見えない北陸の寅さんがいました。

アマチュア最強と呼ばれた、北陸の虎ですよ。

実は、自分も対局するかも!?というような時期がありました。
周りに反対派が多かったので、実現しませんでしたが。

打ってみたかったなというのが本音ですね。

パッションは面白い事になったので、見てくださいね~。

 

2016年5月2日

ザ・パッション

By igosalon

稲葉禄子さんのブログより ←クリック

 

26期生の3人目の挑戦です。

石川県から前泊して気合十分です。

自分なりのペースで一着ずつをしっかりと考えていました。

しかし、長考をするわけではなくペースはしっかりとしていました。

打ち筋も綺麗だったし、今後も期待十分です。

本番では緊張しまくりでしたが、控え室ではすごく面白い発言ばっかりしてましたよ(笑)

「これ以上無理!」を連発してました(笑)