loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

月別: 2019年2月

土日でプロアマミックストーナメントが行われました。去年の企画はプロとアマの混合ペア碁。今年はかくかくしかじかで今回のシングル戦となったようです。

去年はペア碁で準優勝した小田彩子ですが、今年も出場させていただきました。一回戦は女流アマ同士の対戦。笹子理紗さんに勝利して二回戦へ。

二回戦は女流アマVS謝依旻プロ。

手合いはアマ側の先番逆コミ2目半でした。

なかなか検討してたようですが、最後は大石を仕留められてしまって負け。まぁ、トッププロの勝負根性はすごいのでこんなものでしょう。

棋譜を月曜教室などで紹介できたらいいなと考えています。

ちなみに優勝は黄翊祖プロだったそうです!おめでとうございます!

ありがとうございましたー!

2019年2月15日

棋聖戦結果

By igosalon

井山裕太棋聖が勝って、3勝1敗としました。

そして、肝心の封じ手予想は、予想どおり(?)に外れてしまいました。

でも、予想図が実戦に近かったですね(笑)

こうなると黒が良さそうと書いてあるので、実際はそんな感じだったと思います。

そう自分を慰めておきます(笑)

次は当てるぞ!!!

棋聖戦第5局の日を覚えていたら・・・(笑)

2019年2月14日

棋聖戦第4局 封じ手予想

By igosalon

黒 井山裕太 棋聖

白 山下敬吾 九段

 

一日目終了時の局面です。

△と打ったところで打ち掛け、封じ手となりました。

棋聖戦4封じ手

 

久しぶりに封じ手予想をします。↓

棋聖戦4封じ手2

↑↑ 黒1の出る手を予想します。

白2の切りには捨てても打てそうです。

 

棋聖戦4封じ手3

↑↑ こちらの白2であれば、黒5までと戦います。

よく分からないけど、黒もやれそう。

ただ、私の予想が当たるようではトップ棋士ではいられないと思うので、違う展開になると予想します(笑)

2019年2月10日

春は別れと出会いの季節

By igosalon

先日のジャンボ囲碁大会で色んな人の近況を聞くと、囲碁に関わらず順調に仕事している人や、これから囲碁の世界でやっていきたいという人。何となく明るい気持ちが伝わってきました。

それとは反対に囲碁界から離れるという人もいて、とてもやるせない思いもありました。

それはその人の気持ちではありません。

これはあくまで「私の気持ち」です。

本人は前向きな決断でしょう。

若くてやる気のある若者に囲碁の世界から離れるという決断をさせてしまったこと。それは「やりがいよりも負担」のほうが重くなってしまったということです。

やりがいは囲碁好きならどれだけでもあると思います。しかし、向き不向きの問題はあれど、囲碁一本で仕事をするには年々、厳しい状況になってきています。満足な収入を得られる保証すらないのに、成功したとしても爆発的な収入が見込めるような業界ではありませんから。

世の中は0か100かで語ることはできないので、期待感というやりがいと、現実の負担のを常に大きさ比べをしていくことになります。常にギリギリの状態の人も多いわけです。

好きな仕事だから絶対に上手くいくということはありません。好きな仕事をしていれば、やりがいのほうが大きくなり、負担に負けない気持ちを長く持ち続けられるというだけです。(長く続けていればチャンスの数が増える)

それでも、囲碁好きには囲碁の世界を自信を持って勧めます。それと同時に囲碁好きな人がずっと働いていきたいと思えるような業界作りをしたい。それには自分だけでは力不足ですし、皆さまのご協力も必要です。

そんなこと言っても、自分だっていつまで囲碁の仕事を続けられるかも分かりません。その危機感は人一倍強いと思います。人の心配をしてる余裕などないのですが…。もちろん、年々厳しく…。

自分にできることからコツコツとやるしかないですね。そのコツコツはみんなで共有していきたいです。私はこれまでに培った経験やノウハウはいつでもオープンにしています。聞かれたら全て話します。(考え方が昭和感覚でストイックなので、あまり取り入れてもらえないですが。)

それでも囲碁指導の技術などは簡単に伝えられるものもあります。興味がある方はいつでもウェルカムです。(ネット上ではうまく伝える自信がないのでお断りしていることが多いですが)

自分の為にも、囲碁界の為にも、業界価値を高める努力をしていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2019年2月9日

教室 2/8(金)

By igosalon

講座テーマ「模様の接点 or 芯を入れる?」

まず模様というのがなんなのか。という説明から入って、その後にどう使うかというのを勉強していきました。

ただし、一つ大きな落とし穴が。

模様の接点や芯はあくまで大場です。

「大場より急場」という格言があるくらいですので、勿論、急場には目を光らせておかなければいけません。

さらっと言いましたが、これはすっごく大事なんですよ!!!!(笑)

「黒番」

2019年2月7日

棋聖戦第三局

By igosalon

井山裕太五冠VS山下敬吾九段

棋聖戦の第三局は永代塾囲碁サロンの首藤瞬プロの指導碁会で、お客様と一緒に見ていました。

山下九段がすごいところから仕掛けていったなー、裂かれ形などなんのそのみたいな(笑)

上辺の白が無条件で生きれないあたりは、井山五冠が形勢悪しと思っていたのですが、最後にはきっちりと井山五冠が勝っているではないですか!

逆転したのか、それとも私の判断が元々まずかったのか。

詳細はよく分かりませんが、なかったことにしましょう。

七大棋戦は2日目があり、封じ手があります。久しぶりに封じ手予想をやってみようかな。(覚えてたら)

簡単な場面になりますように…。

【追記】

井山さんが対局してるのを見て、今日から棋聖戦と思ったけど、棋聖戦は来週ではありませんか…。今日は名人戦ですね。井山さん→タイトル戦しかいない→今やってるのは棋聖戦という勝手な思考が働きました(笑)

2019年2月6日

言葉

By igosalon

最近は、NHK囲碁講座テキストの編集作業を手伝っているのですが、分からない言葉が出てきたら調べたり、使い方の組み合わせを調べたり。

リズムは大事だけど、話し言葉になりすぎないようになど。でも、読んでいるときに話しかけてるような雰囲気を感じるものっていいなぁと思ったりするのです。

日本語は本当に難しい。

やはり、囲碁のインストラクターであるからには出来るだけ綺麗な日本語を使いたいとは前々から思っているのです。

言葉は伝えるためにあるもの。

なので、言葉使いはできるだけきちんとしたいと思っております。

2019年2月5日

三鷹子供囲碁教室 2/4(月)

By igosalon

三鷹子供囲碁教室ブログ ←クリック

場所:三鷹囲碁ルーム

担当講師:永代和盛イン、俵友祐希イン

今回も4面が満席のスタート!
安定感のある兄弟子です。

最近、囲碁を知らない人向けにも説明するときは兄弟子(あにでし)みたいに書くのですが、それを書かなかったら兄弟子(きょうだいこ)ってなーに?みたいになるんでしょうね。

囲碁界で当たり前に使ってる言葉は危ないです(笑)

2019年2月2日

ジャンボ囲碁大会

By igosalon

本日は15人1組の団体戦であるジャンボ囲碁大会。

毎年第四日曜日に開催されていますが、今年は都合が悪いのか開催日がずれました。

その関係で、我がチームも参加者を確認してからと思い目処が立った12月の中旬に申し込みをしたところ‥。

定員32チームの33番目の申し込みですと‥!?

キャンセル待ち1番だそうで、まぁキャンセルくらい出るだろうと呑気に構えていたら‥。

見事にキャンセルはありませんでした‥。

ということで今日は見学にでも行ってきます‥。