loader
Loading...
ゆったりと品のある空間で囲碁を楽しむ・・・

タグ: 棋聖戦

日にち: 3月4日(月・

場所: 永代塾囲碁サロン

スケジュール:

13時~14時 読売棋聖戦解説会

14時~17時 多面打ち指導碁

指導棋士: 首藤瞬 七段

入場料(解説会込):会員/1,080円 ビジター/2,160円
指導料:一局/4,320円

 

*お申込みやご質問は「HPのお問い合わせ又は下記」までどうぞ。

nagayojyuku@gmail.com

2017年3月11日

わーい

By igosalon

封じ手予想が当たった~!

久しぶりの的中で・・・・。(何回ぶりだろう・・・)

と、個人的なことは置いておき、井山棋聖が5連覇で名誉棋聖の獲得条件に入りました。
とはいっても、名乗るのは65歳くらいから?だったでしょうか。まだ当分先です。(よく分からない~)

裏話ですが・・・。

3大棋戦(棋聖、名人、本因坊)で名誉称号を獲得した棋士には優勝賞金以外にも特別賞金も出るとか出ないとか・・・。
噂では、優勝賞金と同等の金額を連覇した分の年数分払っていくシステムだとか。

現在のシステムはどうなっているか分かりませんが、趙治勲先生が本因坊を10連覇したときには、タイトルを手放した翌年から10年間も特別賞金を獲得したと聞いています。(でも、又聞きです)

本当だったらすごーい金額ですよね。
そして、本当だったら今もこのシステムは継続しているのかが気になります。
さらに本当だったら新聞社はこのことをもっと大々的に公表しても良いような。
これだけ文化保護・社会貢献(囲碁に貢献)してますよというアピールになりますからね。

誰か真実を教えてください(笑)

お金の話でまとめてすみません。

井山棋聖(そのうち名誉棋聖)!
おめでとうございました!!

河野臨プロは自分的には好きな棋士(院生時代に遊んでもらった)なので、これに懲りずに今後の活躍に期待しております!

2017年3月10日

棋聖戦 封じ手予想

By igosalon

白が良さそうな気がしますが・・・。

封じ手予想は、黒二子から一間の位置のツケ!!

2017年2月16日

棋聖戦第四局 封じ手予想

By igosalon

棋聖戦の第四局が始まっているのをうっかりと見逃すところでした。
対局に気付けたということで、封じ手予想!

kisei

もちろん、第一感はAのタケフですが・・・。

意表をついてBというのはどうでしょう?(笑)

本当はAにしたいんですよ。
でも、Aだと普通すぎますよね・・・。

ということでB!!!

形勢のほうは・・・・。
左上の戦いが終わるまでは分かるわけがありません。
でも、ロマン派の永代さんは白持ちにしておきます!(笑)

2017年2月10日

棋聖戦第三局 結果

By igosalon

井山棋聖の黒番1目半勝ちとなりました!

封じ手は当たらなかったですね・・・。
結局のところ、封じ手は素直な押し・・・。

あんなにゆっくり打っているものなんですね。
結構自信があったんだけどなぁ。

しかも、左下の白は取れてるとか言ってしまいましたが、よく考えるとコウとかいろいろ味が残ってますね。

でも、封じ手の時点で白がすごーく良く見たのは気のせいかな?
すごく大差に見えました。(トップ棋士が序盤の衝突で大差になるわけはないけど)

最近は細かい勝負になったら、Twitterで棋士の皆様の反応を確認します。
白石プロや三村プロはかなり発信してくれています。

あとは、現地の声ですかね。

Twitterでは色んな楽しみ方がありますね。
見ていて面白いです。

2017年2月9日

棋聖戦封じ手予想

By igosalon

棋聖戦の第三局が始まりましたね!
さぁ、どうなるでしょうか。

というか左下の石塔シボリは何?という感じです。
一応、白は取られているんですね。

だから黒が良いのかなと思いきや、計算してみると・・・・。
白がたくさん良いように思います。まぁ、実際は良い勝負なんでしょうけどね(笑)

さて、封じ手予想にいってみましょう。

kisei

黒1しか思いつかないです。そして、黒3がセットの手筋かな?

我ながら恰好良い(笑)

当たるかなぁ~?

2017年1月15日

棋聖戦第1局 封じ手予想

By igosalon

棋聖戦が開幕しましたね!

井山六冠は名人を取られたものの、その後はまた好調をキープしているように思えます。
あの名人戦が嘘のようです。

今回の棋聖戦挑戦者は河野臨九段です。

番碁は井山六冠に一度も勝っていませんが、それは五番勝負の話。
七番勝負は二日制になり、持ち時間が違いますからね。
河野九段は二日制は初登場かな?
記憶にないなぁ。(あったらごめんなさい)

※追記 過去に井山名人へ挑戦したことがあったようです。(白石プロのブログにて)

読みに定評のある河野九段が持ち時間たっぷりでさらに読むとどうなるのか。
そのあたりに注目しています。

さて、第一局目は珍しい形ができたあとは早速、戦ってますね。
進行速度も超のつくほどスローペースです。

さて、封じ手予想してみましょう。

封じ手

井山六冠が黒番で封じ手する場面です。

まぁ、第一感は黒Aです。
何となく好手っぽい。
打つ場所がはっきりしないときは何となく良さそうなところに打っておくものです(笑)

少し黒Bも気になりますが、碁の理論としては「ダメ場を切る」ことになりかねません。
逆に白からこのようなところに打たせて、「ダメ場をツナがせる」というほうが勝ちやすいというのが基本です。

でも、黒Bにくれば、下辺に打ち込んでいって、下辺白を攻められそうだなとアマチュアならではの理想を描いてしまいます。

こうなるとアマチュアは止められません。

やっぱり黒Bにします(笑)

2016年2月19日

棋聖戦

By igosalon

気付いたら終わっていました・・・。

あれ?今回は封じ手予想したかなぁ・・・(苦笑)

 

井山さん強すぎますね。

先日、連勝は24でストップしましたが、挑戦手合だけだったら何連勝しているんでしょうか。

これで残すは十段のみ。

正式に七冠挑戦が決定しましたね。

伊田十段の戦いぶりが注目ですね。

3月8日(火)から十段戦はスタートです!

2015年2月27日

棋聖戦第5局 決着

By igosalon

第5局は山下九段の中押し勝ちとなりました。
井山棋聖が初戦から3連勝したときはこのままストレートかとも思いましたが、何とか踏ん張っています。
3連勝といっても、内容的には山下九段が押しているような場面も多いので、2勝を返しても何の不思議もありません。

とにかく面白くなってきました。

4局で終わるか、6局又は7局で終わるかは囲碁ファンにとっても大違いでしょう。
囲碁界のネタ作りのためにもフルセットまでもつれこむと面白いかなぁなんて(笑)

でも、5局目を見ていると、井山棋聖の形勢が悪くなってからの頑張りに迫力があります。
この迫力があれば、勝ち切るというのはすごく苦労しそうです。

自分が打っているとしたら、どれだけ形勢が良くなっても自信が持てません(笑)
それくらいの迫力のある勝負手連発でした!

2015年2月26日

棋聖戦 第5局

By igosalon

井山棋聖と山下九段の対局が始まりましたね。

勝敗は井山棋聖3勝1敗と少し偏っているものの、内容的には山下九段も負けていないと思います。

5局目も山下九段が勝つようなことになると本当に分からなくなるでしょう。

新聞解説が河野臨九段になっていますが、なんと豪華な・・・!

幽玄の間の解説は望月研一七段です。

よく一緒にボウリングをやったなぁ(笑)